チャリティー事業のご報告


バザーテントにて実施しましたチャリティ整体施術について、皆様よりいただいた募金と使途についてお知らせします。
・KCSセンター八鹿様:15名×500円→7,500円の募金を城崎の災害復興基金へ寄付します。
・ながむら鍼灸接骨院様:3,105円の募金を東北震災復興へ業界団体を通じて寄付します。

皆様のご協力に感謝申し上げます。


今年のレース分析と結果について


スーパーGTクラス:

(総括)
昨年は上位10台中7台が占めていたスーパーGTクラスでしたが、今年はワンメイククラスと同数の5台ずつとなりました。
今年のコースレイアウトは、昨年よりも短い2本のストレートと、クネクネと細かいコーナーが続くものでした。
直線速度と旋回速度の差をどれだけ小さくできるかが速く走行するコツとなりました。

旋回速度だけなら後軸を動かせる機構を持たせた自作車両が有利ですが、短い直線で速度を乗せる脚力も重要でした。
今年のトレンドは「白バイテクニック」のように、極端なリーンインの傾斜走行で旋回速度を保つ走行でした。
ワンメイク車両でも大きく上体を内側へ傾けることで自作車両と遜色ない速度を維持していました。

片輪を浮かせて走る方法より安全ですが、速度が高すぎて曲がりきれないケースも見られました。
特に集中力の途切れるレース後半に事故が発生しましたので、今後出走される際に気を付けていただきたいところです。
今年も修理が必要なチームはあったものの、全車完走を果たしました。

(トップ3コメント)


昨年の覇者「恂じーズ」が見事に連覇を達成しました。

スーパーGTクラスの強豪が揃って欠場することで勝利は至上命題でした。
しかしながらワンメイククラスの実力も年々高まる中、連覇までの道のりは容易ではありませんでした。

車輪の回転抵抗を極限まで減らし、無音で他のチームをパスしていく様は他の参戦チームに尊敬と畏怖の念を与えたことでしょう。
最速のマシンであることは出場者の誰もが理解できますが、それを操るライダーにも相当の負担がかかっていたと聞いています。
良い道具を手にすれば必ず勝てる、という競技ではないことも改めて感じた総合優勝だったと思います。




2位は初出場「青渓family」が獲得しました。
打倒「恂じーズ」を掲げ、スーパーGTクラスに乗り込んだ若手グループです。
予選タイムは3.72秒で堂々のトップ。予選平均が4.94秒ですから、可変機構を廃した軽量シンプルな車両が決め手でしょうか。
スタート後1時間目のセクター順位は7位と沈みましたが、2時間以降は総合3位をキープ。
マシンの改良が進めば、チャンピオンに勝負を挑む最強のライバルとなるかもしれません。




3位は「サン・レッド」が悲願の入賞。初年度から独特の背高マシンで挑戦し続けてきた古豪チームです。
毎年マシントラブルに泣かされおり、今年も予選は出走できずにピットスタートとなりました。
しかしながら、その後のレースでついにその実力を発揮することができました。
兄弟チーム「サン・ブルー」は途中で故障してしまい、修理を余儀なくされました。
加えて最後の1時間分の走行距離がリセットされてしまう事態となったことは残念ですが、更に上位を目指してほしいと思います。
(走行距離がリセットされてしまった場合は、その単位時間中に走った全チーム中、最下位のチームの走行距離の2/3を補償する規定を適用しています)


ワンメイククラス:

(総括)
今年は過去最多の19チームがエントリーし、車両を増車したり申込みをお断りするなど、開催前から波乱含みの様相を呈していたこのクラス。
車両の性能が等しく決められており、ライダーの実力と作戦が順位の浮沈を大きく左右します。
平均年齢が若ければ必ずしも有利という訳ではなく、走行時間の配分や交代タイミング、またどのタイミングでアタックを仕掛けるか等、様々な思惑を各チームが凝らした結果といえます。

(トップ3コメント)



1位は昨年のクラス覇者「養父市役所BBC」。
総合トップを狙い、出走ギリギリまでライダーを熟考するなどの作戦を講じ、ワンメイククラスながら総合2位を獲得しました。
ライダー層の厚さも然ることながら、1時間毎のセクター距離を誤差5%以内に収めてくる作戦が光った結果でした。
総合3位である「青渓family」との距離差はわずか46m!後半追い上げられますが、最初の1時間でつけた差を守り切りました。




2位は大阪市から昨年に引き続き2回目のエントリーとなった「高尾工業」。
昨年のクラス8位から驚異のジャンプアップ!総合でもスーパーGT勢を抑え1時間目には総合3位、結果4位に入るなど、一気に強豪チームの仲間入りを果たしました。
兄弟チームのTKOもクラス5位、総合10位に入り、存在感を示しました。




3位は初出場「ミーチャンレーシング」!
京都市からのエントリーで、猫のみんみ監督の下、家族一丸となって取り組んだ結果です。
猛者を集めて結成したチームが多い中、2時間目のセクター距離は総合4位と大健闘。
最終順位でも29m差で総合7位、487m差で総合6位とスーパーGTクラスの背中が見える位置まで迫っていました。
家族ならではチームワークを発揮したのではないでしょうか?

以下のような結果になりました。



総合の順位推移です。



総合の積算距離推移です。





予選タイムと順位です。



ワンメイククラスの順位と積算距離推移です。









スーパーGTクラスの順位と積算距離推移です。










お知らせ

 本年度も無事に開催することができました。ありがとうございました。

 転倒はあったものの、皆様大きな事故もなく終えることができました。
 結果につきましては後日掲載しますのでご期待ください。


日 時

 平成27年10月18日(日) 小雨決行


会 場

 養父地域局駐車場内特設コース(兵庫県養父市広谷250-1)


レース

 チームごとに制限時間内にて、走行距離を競う耐久レース。
 走行距離についてはサイクルメーターを使用いたします。
 計測については主催者の判断といたします。
 使用車両によりカテゴリーを以下のとおり区分けいたします。
  @ワンメイククラス・・・主催者の用意するレンタル車両を使用するクラス。
  AスーパーGTクラス・・・主催者の定める車両レギュレーション内で自作された車両を使用するクラス。


賞金・賞品

 最高賞金5万円
 上位入賞者へ賞金・賞品を用意しています。その他特別賞も多数。


競技スケジュール(都合により変更する場合があります。ご了承ください。)

 
受付・車検  8:30〜9:30
予選開始  9:55〜
開会式 10:40〜
スタート 11:00〜
ゴール 15:00〜
表彰式・閉会式 16:00〜



参加料

 @ワンメイククラス(レンタル)  1チーム 10,000円(マシン・サイクルメーターレンタル料含む)
 AスーパーGTクラス(自作)   1チーム  6,000円(サイクルメーターレンタル料含む)
  ※スーパーGTクラスにつきましては、大会終了後サイクルメーターを返却いただいた際に1,000円返却いたします。
  ※申し込み後のキャンセルにつきましては返金いたしません。ただし、マシンレンタル料については返金いたします。
   なお、天候等により主催者の判断で中止する場合においても参加料は返金いたしません。


参加資格

 ●三輪車を安全に運転できる方

 ●小学生以上の健康な方(未成年者は保護者の同意書が必要。
  未成年者のみで参加することは不可。最低2名の成人の保護者同伴が必要。)

 ●1チームにおける参加ライダーは大人5人までとする。
   小学生の参加者は1/2人としてカウントする。
   なおチームには必ず大人2名以上を必ず入れること。
   その他監督1名(ライダー兼務でも良い)

 ●本大会趣旨を理解できている方

 ●1団体2チームまでのエントリーとする。


参加チーム数

 両カテゴリー合計 30チーム(予定)


申込期間

 平成27年7月24日(金)〜9月11日25日(金) ただし、定員になり次第終了。
 
募集期間を延長しました!!

おかげさまを持ちまして、両クラス共の定員となりました!多数のエントリーありがとうございました!  

申込方法

 エントリー用紙を記入し、チームの写真を一枚添付の上郵送もしくは持参にて申し込みください。
 選手全員が写っているもの等の制約はありません。
 イメージ画像・イラスト等でも構いません。大会参加者に配布予定の冊子に使用します。
 詳細につきましては、後日連絡いたします。
 押印の無いものは認められません。

    郵送の場合  〒667-0021 兵庫県養父市八鹿町八鹿1672(養父市商工会内)
                       養父市商工会青年部 三輪車耐久レース係

    持参の場合 キッズハウス トントン 午前10時〜午後8時
             〒667-0115 兵庫県養父市上箇153番地1(Yタウン内)
             ※キッズハウス トントンにはレンタル用車両も準備しております。


            エントリー用紙ダウンロードはこちら(PDF)

            未成年者の参加の場合の保護者同意書のダウンロードはこちら(PDF)


    申し込みの流れ
       ◆ エントリー用紙に記入し、写真を一枚と合わせて申し込みください。
                    ↓
       ◆ 青年部より参加料の振込についてのご案内をe-mailかFAXにて連絡いたします。
                    ↓
       ◆ 指定の口座へ参加料を振込してください。(手数料については参加者でご負担ください)
                    ↓
       ◆ 入金の確認ができましたら、申し込み完了になります。
          申し込み完了のチームは当ホームページのエントリー一覧に掲載。
          エントリーの更新は週1回を予定しております。


車両規定(スーパーGTクラスのみ)

 市販三輪車、市販三輪車の改造、自作車両なんでもOK。
 ただし、下記車両規定をすべて満たしている車両であること。

                  

       
   

               


 ●車両の前方に直径100oの円以上の大きさのゼッケンプレートを装着すること。
  ただし、突起物にならないように注意すること。
  ゼッケンナンバーは下記エントリーリストのとおりとする。

 ●フレームの材質は問わない。

 ●タイヤはゴムタイヤ・空気入りタイヤでも可。ただし路面を傷つけるものは不可。

 ●1:1の前輪駆動に限る。ワンウェイクラッチ(空回り)機構不可。

 ●チェーンやギア等を介し、ギア比を変更する駆動方式は不可。

 ●前輪1輪、後輪2輪の車両であること。

 ●可変フレームは可。

 ●ブレーキの取り付けは不可。

 ●突起物等があり危険と思われる車両は不可

     ※なお、マシン製作にあたっての質問等は下記の事業所に相談ください。
       (月〜土 午前9時〜午後5時)
        ・寺田機械ポンプ店 079-662-2636
        ・田畑鉄工所     079-662-5366


レンタル車両

 レンタル車両については下記の写真を参考にしてください。
 なお、数に限りがありますのでご希望に添えない場合がございます。

        

※上記の写真は身長と足つき等の目安です。
  必ず乗れると保障するものではございません。

  実際の車両が「キッズハウス トントン」(Yタウン内)に置いてあります。試乗もできます。
            


注意事項

 ●雨天の場合は主催者の判断において決行いたします。雨具をご準備下さい。

 ●選手についてはヘルメットを着用してください。ヘルメットは各チームでご用意してください。
   ヘルメットにつきましては、遊具用・自転車用・工事現場用のもの等で構いません。
   転倒や接触に備えて安全な服装でご参加ください。

 ●レース参加者は飲酒しないでください。

 ●食事は用意いたしません。会場内で飲食バザーを開店しますのでご利用ください。

 ●当日はスタッフの指示に従ってください。守れない場合は出場取り消しとする場合があります。
  その際の参加料は返金いたしません。

 ●自己の安全は自己管理するものとし、万一の事故の場合に主催者・協力者、会場、参加者
  には非難、責任の追及、損害の請求をしない事を誓約できる方のみ申し込みください。


その他

 レース時間内にステージにてイベント等を予定しております。


主催・連絡先

 養父市商工会青年部 三輪車4時間耐久レース実行委員会
  ※お問い合わせについてはメールのみ対応させていただきます。
   お問い合わせメールアドレス:buin1102@yahoo.co.jp
      (返答メールが迷惑メール削除機能により届かないというトラブルがあるようです。
               メール設定をよくご確認の上お問い合わせお願いいたします。)


              「第1回大会」昨年の状況はコチラから

              「第2回大会」昨年の状況はコチラから

エントリーリスト(9月25日現在)

レンタル車両クラス

 ゼッケンNo. チーム名  参加人数 
 1 Team Hitsuji会 大人5人 
 2 ミーチャンレーシング 大人4人、子供1人 
 3 翔ろ!但馬近畿 大人5人 
 4 こんがらがっち 大人3人、子供4人 
 5 チームコマツ 大人5人 
 6 シスコMOON 大人5人
 7 ピース☆スター 大人3人、子供4人 
 8 マルヤマ・リバー 大人4人
 9 Club 50/50 大人5人 
 10 高尾工業 大人5人 
 11 TKO 大人5人 
 12 香美町商工会青年部 大人5人 
 13 養父市役所BBC 大人5人 
 14 豊岡市商工会青年部本部チーム 大人5人 
 15 豊岡市商工会青年部但東支部チーム 大人5人 
 16 やっじょ丹波(丹波市商工会青年部) 大人5人 
 17 チームHINAKO 大人5人 
 18 第一学院高等学校α 大人5人 
 19 JAたじま 広谷支店 大人5人 



スーパーGTクラス

 ゼッケンNo. チーム名  参加人数 
 21 サン・レッド 大人5人
 22 サン・ブルー 大人5人
 23 八鹿第一分団(今年は緊急車両通過しません) 大人5人
 24 恂じーズ 大人4人 
 25 養父市商工会職員有志チーム(仮) 大人5人
 26 チーム三十路(仮) 大人5人 
 27 二代目 H Soul Bros! 大人5人 
28 鹿の奮 大人5人 
 29 第一学院高等学校β 大人5人 
 30 青渓family 大人5人 



協賛・協力(敬称略)


和光印刷株式会社 養父市商工会
KID'S HOUSE トントン 大徳醤油株式会社
有限会社田中酒店 日の出通商株式会社食品カンパニー 但馬醸造所
株式会社マックアース 道の駅 但馬楽座
カタシマ株式会社 株式会社オーシスマップ
株式会社ピーナッツ 八鹿豚レストランベリッタ
株式会社モリモト 株式会社須田通信
株式会社神尾製作所 有限会社松原興業
合資会社タムラ電器商会 有限会社野崎工務店
三方金物 有限会社カネナカ
有限会社五光 有限会社凡 八鹿病院ライス店
有限会社村上瓦工業 八鹿畜産 養豚部
八鹿ライオンズクラブ KCSセンター八鹿
NPO法人養父市元気プロジェクト 喫茶with
相地建設 中尾産業株式会社
有限会社岡商店 有限会社関宮鉱油
養父市 養父市商工会青年部員一同
八鹿酒造有限会社

以上の方々よりご協力いただきました。ありがとうございました。


Q&A

 Q.ヘルメットはどのようなものを用意しなければいけませんか?

 A.ヘルメットはバイク用・自転車用・遊具用・工事現場用など、どのようなものでも構いません。
  接触や転倒時に安全なものでお願いいたします。


 Q.写真はチーム全員がそろわないといけませんか?

 A.写真については、参加者の写真はもちろん、会社の看板や外観・趣味の車やバイク・イラスト等で構いません。
  当日参加者に冊子を配布を予定しております。そちらに使用いたしますので、掲載しても良いものを提出してください。


 Q.参加者の変更や人数の変更は申込み後も可能ですか?

 A.参加者の変更・人数の変更については規定内であれば、当日の変更も可能です。
  当日の受付でお申し付けください。
  なお、大会冊子等に人数等を掲載しておりますので、冊子の変更はできません。ご了承ください。


 Q.詳細はどこで聞けますか?

 A.このホームページが一番詳細な内容になります。また直接対応できるのはキッズハウストントンになります。
  キッズハウストントンで聞いていただくか、メール等でお問い合わせください。
  また、参加チームには後日詳細な案内を送付させていただきます。


 Q.コースの場所はどこですか?

 A.コースは養父地域局駐車場内に特設コースを設けます。
  コースレイアウトは現在検討中ですので、未定です。


 Q.三輪車の操舵は後輪でも可能ですか?

 A.車両規定の範囲内であれば、後輪操舵でも構いません。
  但し、全幅については舵を切ったときで計測いたしますのでご注意ください。


 Q.未成年の参加にあたって必要となる保護者同意書のフォーマットはありますか?

 A.同意書がダウンロードできるようにいたしましたので、そちらを使ってください。


 Q.装着されたサイクルメーターの表示距離とリザルトの走行距離が異なるのですが?

 A.使用しているサイクルメーターの仕様上、タイヤ外周が1000ミリ以上の設定でしか計測できないようになっています。
 レンタル車両のタイヤ外周が950ミリですので、実走行距離として計算する際に95%を乗じて算出しています。
  従ってメーターの表示距離の-5%がリザルトとして掲示されます。
  スーパーGTクラスは車検時にタイヤ外周を計測し、車両ごとに係数を設定して実走行距離を算出するようにしています。
  誤解を生じさせやすい仕様となっていますが、公平性を保つために務めておりますのでご理解ください。

アクセスカウンター
ドラマDVD通販ハンドバッグ通販コインケース長財布の通販